幸せの基準

私は以前勤めていたパートの仕事を辞めて、今は風俗の仕事をしています。生まれも育ちも大阪で、小さなころから知っている大阪で今も生活することができていることに幸せを感じます。旦那は大阪の人じゃないんですけど、わざわざ大阪で就職してくれたので、今も大阪で生活することができているんです。

私がパートの仕事を辞めたのは、旦那がまだ若く、お給料があまりもらえていないのが原因です。パートで一生懸命働いても、もらえるお給料は年間100万円程度。金銭面で役に立っているとはいえません。主婦として出来る限りのことをしているつもりですが、やはり主婦にはお金の面では頼りにならないのかなって真剣に悩みました。

そんな私が風俗で働く決意をしたのは、仕事で着ているスーツがボロボロの旦那を見たからですね。当時の我が家には新しいスーツを購入するお金もなく、ギリギリの生活でした。私が風俗ではたらけば、新しいスーツを買えるし、お金に困ることはなくなる。そう思ってからはすぐにお店を探しました。

風俗店で働くようになってからは、本当にお金に困ることもなくなりましたし、旦那に新しいスーツを買ってあげることができました。お金の出処について聞かれたときに、結婚前から貯めていた貯金を崩したと言ってあるので、喜んで仕事をしているようです。風俗の仕事は大変ですが、家庭の為に風俗の仕事をしているって思ったら、全然辛くはありません。これからも頑張っていこうって思えますね。