病床からの復帰のために短期バイトを。

短期のバイトを選んで毎日通勤をしています。

なぜ短期のバイトなのかと言いますと、私は最近まで病気を患っており、

いきなり就職をしようにも以前まで病床に臥せっていた病弱な人間を

働かせてくれる仕事は少なく、上手く採用されてもまた

病気がぶり返してしまいすぐに辞めてしまうかもしれない、

といった懸念のために短期で働いているのです。

旦那はおらず、小学生の子供が居るために、病み上がりだからと言って

何もせずに過ごしているわけにも行きません。

少しでも子供が不自由をしないようにバイトでも良いからと短期のバイトをしています。

梅田の短期のバイトをしているのですが、これが結構待遇が良く、

梅田の特性のためなのかかなり自由な働き方ができていますし、

いきなり休暇を取っても誰一人小言を言う人はいません。

お局的な嫌味を言う女性もいませんし、

よくいる偉そうな上司の典型的である男性だからというプライドからなのか横柄な態度の上司もおらず、

とても働きやすい人間関係を築けており、病弱な身としてはありがたい職場となっています。

子供にも自転車を買ってあげることができ、私もこれからの蓄えが確実に貯まって行っています。